SHINKAWA-PJ 躯体検査

本日は進行中のprojectにて、躯体検査をおこないました。

鉄筋コンクリートの建築において、大きな節目でありますコンクリート躯体の上棟を終えた後、型枠資材の搬出をおこない、その後内装造作工事へと進行いたします。


内装作業がスムーズに進行できるように、またコンクリート躯体そのものの品質を確認する為に検査をおこなう。それが躯体検査となります。


打設精度の確認、型枠精度の確認、開口の寸法確認や、床の不陸の確認など、各種項目をスタッフ皆で確認をしていきます。当然、是正作業が生じることもありますが、様々な節目において品質を確認し、良き建物を引き渡しすることができるよう心がけて検査をおこなっております。


別現場ではありますが、今月は引き渡しをする現場もあります。

気を引き締めて取り組んで参ります。



RECENT POSTS

ARCHIVE POSTS